【】縛られ夫人 加代46歳(初緊縛でここまで感じて逝くのが止まらない)

北陸からやって来た加代は、46歳の教育者だ。ごく普通のシャイな奥さん。撮影後このような感想をメールくれました。

縄が身体にまかれる度に、着衣のままなのにまるで直接肌を愛撫されているかのように感じてしまいました。
そして、喜多さんの息づかい、縄を締める時の声やキツく締められる瞬間はまるで、挿入され子宮を刺激されているような錯覚さえ覚え、快感の中を漂い続けていました。
身体から、喜多さんが離れ、歩く振動さえ心地よく、そのまま、そっと放置されている時には、縄の快感に浸り、心地良さに身を委ねていく。抵抗することなく服を脱がされていく私。
喜多さんはいつもそうするのか?私の心の奥に気づいているのか?
もう、快感の中にいる私は思考することより感じること優先
感じるままに縄に身を委ね、喜多さんの腕の中で逝く。
初めての緊縛で、こんなにも感じてしまうとは、逝かされてしまうとは思ってませんでした。

長文の為、一部抜粋しました。(本人の許可はとってあります)

こんな熟女加代の乱れる逝き姿を是非ご覧下さい。

縛られ夫人 加代46歳(初緊縛でここまで感じて逝くのが止まらない)
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント