【『鬼滅の肉棒放送基地』】※良心の痛みやすい方はお控えください。両親に逃げられ鬼畜な叔父の家に預けられ、叔父の肉棒で遊ばれるペットと?…

この作品でこの子はもう撮ることはないでしょう。

というよりも、もう撮れなくなったといった方が的確なようなきがします。

人は生きるという地図なき道をまっすぐ歩こうとした時に必ず、曲げようとする何かが邪魔をする。

この子もそんな人生のマジックに吸い込まれていってしまったのだろう。

いうべきか言わないべきかとても悩んだのですが、意外に見えない日本の今ですが。

私はこう言った動画を作るのが趣味で、制作するにはまずモデルになってくれる人を探すのに多くの女性と出会います。

女性自身が自身の意思でサポートなどを求めるのはまぁいいでしょう。

この作品出すまでに実は1年かかりました。

モデルさんの紹介者が叔父だったので、強制ではないか何度も彼女にききました。

ただ幼い頃からの環境の中に「教えてくれる人」がいなく善悪、喜怒哀楽と言った感情がまったくなかったのです。

 撮るまで何度も彼女と会う間に色々話をするようになりました。

そして不本意ではあったのですが、ハメ撮りしているところも見せました。

私たちは彼女を止めることをしなくなりました。



※商品の性質上削除する場合がございます。ご理解の上ご利用ください。
※早めのダウロードをお勧めします。

※良心の痛みやすい方はお控えください。両親に逃げられ鬼畜な叔父の家に預けられ、叔父の肉棒で遊ばれるペットと化した国内貧困女子に生中出し、
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント